歯を失う原因の第一位は
歯周病です

歯周病は、細菌によって引きおこされる歯のまわりの組織(歯肉や歯槽骨など)の感染症です。
30歳〜40歳代の日本人の、80%以上が現在、歯周病にかかっていると言われており、
歯を失う原因の第一位として、虫歯よりも多くの割合を占めています。

知らない間に進行する歯周病

手遅れになる前に、
歯科医院へ行きましょう

お口の中に細菌が定着すると、炎症が生じて歯茎が赤く腫れてしまいます。この炎症を放置しておくと、歯の周りの組織(歯周組織)が破壊され、最終的には歯が抜け落ちてしまうのです。そして歯周病は1本の歯だけではなく、お口の中全体に広がっていきます。
痛みがなく静かに進行してくため、歯周病に気付いたときにはすでに重症になっている、という非常に恐ろしい病気なのです。

*
こんな症状でお悩みではありませんか? 「歯周病は自分とは無縁」そう思っている方も!歯周病チェック
  • 朝起きたとき、口の中がネバネバする。
  • 歯を磨いた時に血が出る。
  • 口臭が気になる。
  • 以前に比べて歯が長くなったような気がする。
    (歯茎が下がったように見える)
  • 硬いものを噛むと痛んだり、噛みにくい。
  • 歯と歯の間に食べ物などが詰まりやすい。
  • 歯がグラグラする。浮いているような気がする。
  • 歯茎が赤く腫れたり、膿が出る。
一つでも当てはまる方は、ぜひ一度
歯科医院へお越しください!
こんな症状でお悩みではありませんか?

歯周病と全身疾患

痛くなったら歯医者に行けばいい…
と、歯周病を軽く考えてはいませんか?

歯周病は身近であるが故に深刻な病気ではないと考える方も多いですが、歯周病菌は口の中だけにとどまらず、血流にのって全身を回り、糖尿病・動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞・早産など、全身の健康にも関与することがわかってきています。
歯周病に対して軽く考えている、この認識が最も危険なのです。

  • 糖尿病
    「歯周病になると糖尿病の症状が悪化する」「糖尿病の人は健康な人に比べて歯肉炎や歯周炎にかかっている人が多い」という調査結果が報告されています。
    歯周病と糖尿病の関係は密接なので、糖尿病の治療で歯周病が、歯周病の治療で糖尿病が改善される可能性があるのです。
  • 動脈硬化 心臓疾患
    動脈硬化の要因の一つとして、歯周病菌などの細菌感染が考えられています。血流に乗って歯周病菌が血管へ入り、その刺激から動脈硬化を引き起こす物質が出るのです。
    また、それによってできた血管内の沈着物が血液の通り道を細くすることで、心臓疾患も引き起こすこともあるといわれています。

歯周病の予防と治療法

  • 軽度歯周病(歯肉炎・歯周炎)の場合
    スケーリング
    スケーリング(歯石取り)とは、歯や歯の根に付着した歯垢(プラーク)や歯石を、器具(スケーラー)を用いて除去する治療方法です。
    歯石は歯垢が石灰化したもので、通常のブラッシング(歯みがき)では絶対に除去できません。そこで、スケーリングによって歯垢や歯石を徹底的に除去し、歯周病の発生を防ぎます。
  • *
  • 中度歯周病(歯周炎)の場合
    ルートプレーニング
    中度まで進んだ歯周病は、スケーリングに加え、ルートプレーニングと呼ばれる処置が必要になります。
    スケーリングのさらに奥の、歯茎に隠れた見えない部分にある歯の根(ルート)に付いた歯垢や歯石、歯周病菌に感染した歯質などを特殊な器具で除去する方法です。
    歯や歯根の表面がツルツルになり、歯垢や歯石などの再付着を防ぐ効果もあります。
  • *
  • 重度歯周病(歯周炎)の場合
    重度まで歯周病が進行していると、スケーリングやルートプレーニングだけでは状態を改善できない場合があります。
    その場合は、歯周病で溶けてしまった骨を回復させる歯周組織再生治療や、外科的な処置を行います。
  • *
  • 薬で治す歯周内科治療
    歯周内科治療とは、歯周病の原因となる細菌やカビを、薬の内服で除去する治療方法です。
    まず位相差顕微鏡でお口の菌の状態を確認することから始めます。歯周病菌が多いのか、カビが多いのか、歯周病の原因を特定し、患者さんに適した除去薬の処方により効果的に治療します。
  • *

MEDICAL

訪問歯科も承っております。
詳しくはお電話ください。

チームメンバー募集中!

ページの先頭へ戻る