お子さんの気持ちに
寄り添う診療

痛くなる前に、お口の健康を守るために歯科医院へ定期的に通うことは、
生涯の健康に大いに影響します。
子どものうちからその習慣を当たり前にすることが重要だからこそ、
こうの歯科・矯正歯科クリニックでは来院したお子さんが「楽しい!また行きたい!」と思える
気持ちに寄り添ったやさしく丁寧な歯科医療と医院づくりを心がけています。

お子さんを歯医者嫌いにさせないために

お子さんの気持ちに
寄り添うための取り組み・診療

子どもの頃に感じた「怖い!痛い!行きたくない!」という歯科医院への恐怖心は、大人になっても簡単に払拭できるものではなく、歯科医院から足が遠のいてしまう原因のひとつとなっています。
小さな頃から長期にわたり、お子さんのお口の健康を支えるために、まずはお子さんを歯医者嫌いにさせないよう、一層丁寧な対応を心がけるとともにご家族で通院しやすいよう配慮しております。
小さなお子さんの治療は早く終わるように、いきなり治療に入るのが難しいお子さんには、まず診療器具や歯医者さんに慣れてもらうところから始める、など、年齢や治療の状況にあわせた対応を心がけ、お子さんが自身のお口や歯に興味を持てるよう工夫しています。

*
ご家族と一緒に、
お子さんの成長を支えます

歯が生え始める乳幼児期から、幼稚園・保育園生、歯の生え替わりが始まる小学生、そして永久歯列や咬み合わせの完成する中学生まで、お子さんそれぞれの成長段階に合わせた支援をしっかり行い成長・発達、歯や歯並びを長期間にわたり継続的に見守り管理することで、お子さんの健康を生涯守りつづけていくことができます。
お子さんのご家族とともにその子の将来をも見据え、適切な歯科医療の提供・成長のサポートをさせていただきます。

*

歯の生え変わりの時期は要注意!

すぐに生え替わるから乳歯は虫歯になっても大丈夫…
その考えは、大きな間違いです!

乳歯には丈夫な永久歯が生えるための準備や、永久歯を正しい位置に導くといった重要な役割があります。その他にも、顎の骨の成長、知能の発達、正常な咬み合わせにも影響を及ぼしています。
虫歯は感染症なので、乳歯が虫歯になるとお口全体に虫歯菌が広がってしまいます。そこへ抵抗力の弱い新しい永久歯が生えてくると…当然、虫歯になるリスクは高くなってしまいます。

*
生えたての歯はとてもデリケート

生え替わりの時期は、乳歯と永久歯が混在するため歯並びがデコボコしてしまう上に、表面が粗く汚れが付きやすかったり、抵抗力が低くなってしまう、虫歯になりやすいデリケートな時期です。
永久歯がなかなか生えなかったり乳歯が抜けなかったりなど、この時期特有のトラブルもつきものです。歯の生え替わりの時期を把握し、大切なお子さんのお口を絶えずケアしていきましょう。

*

大切なお子さんの今と、
これからの健康のために

虫歯になりにくい
お口づくりをしましょう

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中は無菌状態です。ではなぜ虫歯になるのでしょうか?
前述した通り、虫歯は菌による感染症なので、虫歯菌を持つ周囲の大人からのキスや噛み砕いた食事を与えるなどのスキンシップを通して、お子さんは虫歯に感染してしまうのです。
虫歯菌への感染時期が遅いと、将来虫歯ができにくくなるという報告もあります。今、お子さんを虫歯から守ることは、将来のお子さんのお口の健康を守ることにもつながっているのです。

*
お子さんを虫歯から守る3つの方法
感染源の除去
感染源となるご両親や、周囲の大人の方のお口を清潔に保つことが大切です。
虫歯を治療することはもちろん、毎日の歯磨きに加え、歯科医院でのケアやクリーニングを受けましょう。
感染経路の遮断
安全なスキンシップを心がけるために、虫歯の感染を防ぐのに効果的なキシリトールを活用しましょう。特に、無糖、糖類0g、シュガーレスなどと表示されている製品がおすすめです。
抵抗力の強化
歯質が弱く免疫力の低いお子様の歯を守るために、抵抗力を強化しましょう。歯科医院での歯みがき指導を受けたり、歯の溝を埋めるシーラント填塞、歯質を強化するフッ化物(フッ素塗布)などを活用しましょう。
  • *
    歯みがき指導
  • *
    シーラント填塞
  • *
    フッ化物の活用

保護者の方へのお願い

大人は我慢できることでも、子どもにとっては大変です。
治療の後はたくさんほめてあげてください。

*

MEDICAL

訪問歯科も承っております。
詳しくはお電話ください。

チームメンバー募集中!

ページの先頭へ戻る