間食と虫歯の関係について

みなさんこんにちは😊

こうの歯科・矯正歯科クリニック

本日のテーマは間食と虫歯の関係についてです。

みなさんは、ダラダラ食べや間食は行いますか??

「ダラダラ食べ」や「間食」は虫歯の元になりやすいんです。

間食の回数が増えると虫歯の発生率が増加します。

★虫歯になりやすいおかしとは?

虫歯になりにくいおやつの条件として「糖分が少ない」「短い時間で食べ終わる」「歯にくっつきにくい」が挙げられます。

例えば、おせんべいやクラッカー、ポテトチップスなどのスナック菓子、砂糖不使用のビスケットやクッキーです。これらは糖分も比較的少ないので安心です。大人の方なら芋、スルメ、チーズ、小魚、ナッツ類もおススメです。よく噛むことで唾液の分泌を促し、虫歯予防につながります。

また甘いものでも、ゼリーやプリン、アイスクリーム、果物などは短時間で食べ終わり、歯にもくっつきにくいので、比較的虫歯の危険性が低いおやつです。

★なりやすいおかしとは?

虫歯になりにくいおやつの条件として「糖分が少ない」「短い時間で食べ終わる」「歯にくっつきにくい」が挙げられます。

例えば、おせんべいやクラッカー、ポテトチップスなどのスナック菓子、砂糖不使用のビスケットやクッキーです。これらは糖分も比較的少ないので安心です。大人の方なら芋、スルメ、チーズ、小魚、ナッツ類もおススメです。よく噛むことで唾液の分泌を促し、虫歯予防につながります。

また甘いものでも、ゼリーやプリン、アイスクリーム、果物などは短時間で食べ終わり歯にもくっつきにくいので比較的虫歯の危険性が低いおやつです。

★虫歯を防ぐ間食方法

間食の食べ方でよくないのが、「だらだら食べ」です。食べ物の糖分がお口の中に長くとどまるほど、虫歯の原因菌が酸をつくり出し、歯を溶かし続けるのです。糖分が高くて甘いおやつだけではなく、虫歯になりにくいおやつとして紹介したおせんべいなどにも糖分は含まれているので、やはりだらだらと食べないように気をつけましょう。

間食は1日1回にし、長く食べ続けないようにするのが、虫歯になりにくい間食の方法です。

〈まとめ〉

間食をしたあとは、歯を磨くか、ブクブクうがいで口の中をゆすいで、食べ物のカスが残らないようにしましょう
甘いお菓子が好きな人も多いかとおもいます。
無理に我慢をするのではなく、食べ方と食後のケアに気を付けて、おやつタイムを楽しんでください。

2024年5月
« 4月  
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

チームメンバー募集中!

ページの先頭へ戻る