補綴物(詰め物)について

こんにちは、歯科衛生士の伊藤です。
こうの歯科・矯正歯科クリニックで取り扱っている補綴物(詰め物)についてご紹介いたします。

今回は部分的に詰めるインレーと言われるものについてご説明いたします。

・金属のインレー(保険適用)

・セラミックインレー

・ゴールドインレー

以上の3種類を取り扱っております。

 

BFC4C968-B1CD-4F03-A45A-851D98FD3A88

まずは金属のインレーです。昔から馴染み深い、いわゆる銀歯です。金属のため強度的には強く、長年使用してもすり減りは少ないです。しかし、見た目が悪い・硬すぎるために噛み合う歯を痛める可能性がある・長年使用すると金属成分が溶けだし歯茎が黒くなる可能性がある・温度変化に弱いため熱いものや冷たいものを飲食すると伸縮し、自分の歯と銀歯に隙間ができ、そこから虫歯菌が侵入し再び虫歯になる危険性がある・金属アレルギーなどのデメリットがあります。

続いて、セラミックインレーです。こちらは金属を使わない詰め物です。素材は陶器(セラミック)のため、見た目が白く透明感があるので仕上がりがとても綺麗です。また、変色もしにくいので長く使っていただけます。つるつるピカピカで歯垢をはじくため、2次虫歯に非常になりにくいです。現代の歯科治療では最も良い素材の一つです。デメリットとしては、費用が少々高いのと、金属と比べると強度が少し弱いです。

最後にゴールドインレーです。ゴールドインレーは、主に金合金や白金加金と呼ばれる素材を利用して作られた歯の詰め物を指します。金合金や白金加金は錆びにくい特徴を持っていることから、長期間歯に使用しても金属アレルギーが起こりにくく、適合性が高いというメリットがあります。素材としては硬すぎないため、歯の噛み合わせによって健康な歯を傷めにくいことも大きなメリットとなります。

2022年12月
« 11月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

チームメンバー募集中!

ページの先頭へ戻る